page contents

外資系銀行員の自腹で通う英会話スクール

外資系銀行に勤める英語の苦手な筆者が、自腹で英会話スクールに通った経験を元に各スクールを徹底比較。外資金融の内輪話や、転職事情なども紹介。

英会話スクール徹底比較〜ベルリッツ編〜

ベルリッツについての評価

 

マンツーマン英会話大手の徹底比較、最後はベルリッツです。

筆者のベルリッツに対する潜在イメージは、「泣く子も黙る英会話スクールの雄、ただし高い」といったところです。実際どうなのか、早速評価してみましょう。

 

料金

f:id:iseko54:20180813162118j:plain

★★★☆☆

結論から言うと、思ったほどではないですが、他の2社よりは少し高いです。

 

ビジネスクラスの50レッスン・4ヶ月コースの場合、料金は¥399,600-で1レッスンあたり¥7,992-。

同じビジネスクラスで、時間帯が平日8:30〜18:10までの縛りありのコース(期間は8週間)だと、¥346,600-で1レッスンあたり¥6,912-です。まあ筆者は通えませんが。

 

通常コースだとGabaより1レッスンあたり約¥300-高いんですね。

ただ、例によって短期集中コースの設定があります。

 

短期集中の場合、50レッスンの2ヶ月縛り・時間帯制限なしのコースで、総額¥349,000-まで下がり、1レッスンあたり¥6,980-です。

これでもGabaの同等コースより¥400-ほど高いですが、なかなか現実的な水準ですね。

 

その他費用としては、入学金 ¥32,400-、テキスト代約¥27,000-。これも他より高いと思いますが、短期集中コースは割引あり。

 

料金は★★★☆☆。

 

(注;すべて2018年8月の料金体系。現在の料金は下記参照。)

www.berlitz.co.jp

 

フレキシビリティ

★★★★☆

フレキシビリティは、Gabaとほぼ同等かと思います。

 

レッスンの振替は、前日15時までに連絡すれば、回数制限なく可能。教室の変更も無料でできます。

 

また、ベルリッツは年始と祝日、クリスマス以外は基本的に営業してますので、振替の自由度は極めて高いです。Gabaのような、経営形態による制約もなし。

ただし、教室によって入居テナントの休日等、イレギュラーな休みが発生する可能性はありますので、注意してください。

 

入学金に関しても、Gabaと同様に一回払えば生涯有効です。

なお、ベルリッツは他と違いクレジットカードの支払いに対応しており、各種ローンも店頭で組めます。

 

よって星は★★★★☆。

 

教材の質

★★★★☆

ベルリッツ の教材は正直言って高いです、高いですが質はダントツだと思います。

 

しっかりしたバインダーに綴じ込み式のテキストが入るのですが、教室で使うノートパッドも同じサイズで、使用後に綴じ込むことができます。後から見返す時にとても便利だと思います。

 

詳細は書けませんが内容も秀逸で、レッスン毎にテーマとゴールが定められており、これを自習するだけでも相当の英語力をつけられる気がします。

 

内容と価格を鑑み、テキストは★★★★☆。

 

講師の質

 ★★★★★

講師の質は、ビジネス英会話に限れば最高レベルです。

おそらく、ビジネス経験豊富な方を意識して採用している気がします。

 

講師の発音は実に綺麗です。

感心したのは、こちらの発音や文法のミスを指摘するタイミングです。話を遮らず、間も空けず丁寧に指摘してくれるので、全く不満を感じさせません。

レッスンの進行も極めて流れが良いです。レッスン全体の構成を、相当意識して訓練されていると感じました。

 

会話についても、フルセンテンスを意識するよう徹底されています。さらに、ストーリーを順序立てて会話に取り組んでいるので、とてもロジカルな印象を受けます。

 

文句なしの★★★★★。

 

スタッフの質

★★★★☆

スタッフの質も高いです。

大げさかもしれませんが、外資系企業に通ずる部分が、スタッフの方に浸透していると感じました。

 

外資系金融では(たぶん金融以外でも)、「一度会った人の顔と名前は忘れない」という暗黙のルールがあります。2回目に会った時に、名前が自然に出てこないと、社会人失格とみなされます。

一流の人はもちろん全員そうですし、三流の人であってもここだけはきちんとしています。

 

驚かされたのは、過去に面談をしていないスタッフの方も名前を覚えており、受付を通った瞬間「○○○さん、1番教室ですよ」と言われたことです。

プロフェッショナルだな〜と感心しました。

 

星は★★★★☆。

 

ベルリッツの総合評価

ベルリッツの総合評価は、25点満点中20点と、比較した3社の中でトップの評価となりました。

 

世間のイメージほど料金が高いわけではなく、レッスンとテキストの質を考えると、費用対効果はかなり高い気がします。

 

ベルリッツをオススメできる人は、以下が当てはまる方です。

 

  • フルセンテンスでロジカルに会話する能力を身に付けたい方
  • 特にビジネス英会話のリスニング・スピーキング力をブラシュアップしたい方
  • 急なスケジュール変更の可能性がある方
  • クレジットカードでポイント・マイルを貯めたい方

 

これで、大手マンツーマン英会話スクールの比較が終了しました。

こうしてみると、見事に三者三様でそれぞれ特徴を持っていますね。

どのスクールも良い点があり、その差は僅差で、全体にレベルは高いと思います。

 

点数制を使って、可能な限り公平に評価したつもりですが、あくまで筆者の主観で採点していることは言うまでもありません。

 

次回は、最高点を獲得したベルリッツの体験レッスンについて、詳細をお伝えしたいと思います。